食品栄養成分分析について

令和2年4月1日より新食品表示法へ移行し、食品表示ラベルの刷新を行わなければいけないこととなっています。現行の法律から新食品表示法に移行する中で、大きな変更点は「栄養成分表示」が義務化となることです。売上1000万以下の事業者は法律上表示免除となりますが、一般消費者からすると栄養成分表示がない商品は不信感に繋がるため、当センターとしては「売店販売」及び、「Tango Good Goods認定」は新食品表示法に対応(栄養成分表示義務化)するものだけとさせていただきます。

すべての事業者が新食品表示法に対応するため、当センターでは栄養成分分析ソフトを導入し簡易的な栄養成分分析が可能になりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

名称ファイル
栄養分析申込用紙をダウンロードしてご使用ください。
利用料3000円/点
分析ソフト日本食品標準成分表2015年版(七訂)、同追補2016年、同追補2017年及び同追補2018年並びに米国農務省USDAのデータに基づいて算出するものです。
分析期間栄養成分分析申込書を提出してから、1週間程度必要とするが、状況により遅れる場合がありますので、ご利用は余裕をもってご連絡ください。