丹後のアンテナショップ「海の京都・丹後」髙島屋洛西店内にオープン!!

京都のアンテナショップ復活!!

30年2月末まで京都市内の堀川商店街で営業していた丹後のアンテナショップが運営形態を変えて復活しました。丹後内外の事業者らの手によって9月26日に京都洛西にある 髙島屋洛西店1階食料品売り場に「海の京都・丹後」としてOPENとなりました。

「丹後と都市部を結ぶ」という理念を引き継ぎ地場産品の販路拡大や丹後への観光誘客を図ります。

「海の京都・丹後」Openまでの経過

アンテナショップは当センターが京丹後市・宮津市・与謝野町から支援を受け運営していた「ホッと丹後」2007年7月にオープンし、丹後の野菜や米、海産物 、加工食品などを扱い、会員数は2000人を超えていたが入居施設の老朽化などにより閉店を余儀なくされました。

丹後の生産者は販路が減り、会員は丹後産品が入手しづらくなり、双方から営業の再開を望む声が上がりました。

当センターが代替する事業を模索したところ協力を申し出たのが髙島屋洛西店内で惣菜店を営む京丹後市出身の熱田氏・地場産品製造販売店のうめや本舗・道の駅丹後王国・海の京都DMO それぞれの特性を生かし復活を目指しました。

熱田氏のつながりのある髙島屋洛西店を新天地として選び1階食料品売り場に12㎡の常設の売り場を確保し 熱田氏が相談役を務める合同会社ラッカスが運営する形でOPENとなりました。

「海の京都・丹後」今後の計画

商品構成はホッと丹後を踏襲した品揃えとし丹後から毎日、商品を直送する。アミティ丹後と丹後王国が集出荷を行い、うめや本舗は得意の情報発信!海の京都DMOでは今年度内 を目処に丹後の地場産品をテーマにしたツアー商品を開発する。

ショップで丹後の商品の良さを伝え、丹後の事業者が京都市内にも営業エリアを広げれるようにしていきたいです。