info@tango.jibasan.jp 0772-72-5261 Internet Explorer(通称IE)には非対応HPですのでGoogleChrome等他のブラウザで開いてください。

令和4年度のTango Good Goods認定状況について

今年度の応募商品については応募者38業者、応募商品数61点の応募がありました。また、8月2・3日に実施した令和4年度TangoGood Goods認定審査会において審査委員から推奨されました丹後産品について「Tango Good Goods認定推進員会」で協議した結果、今年度は認定38業者60点を認定しました。

令和4年度優秀産品の紹介

令和4年度の優秀産品は下記3点が選ばれました。優れている点等のコメントをまとめておりますのでご確認下さい。

                     
商品名業者名評価ポイント
京都産 干しいも株式会社真田京丹後の国営農地で育った紅はるかを使用した干しいもで、これまで丹後地域にはなかった加工食品であり、国内外やインターネット通販でも人気・需要の高い新規商品である。紅はるかは、湿度、乾燥時間、水分値を徹底管理することで、しっとり感と甘みのある仕上がりとなっている。6次産業化を推進し農業振興に寄与するとともに海外への通販による販路拡大の可能性も見込める。 
お茶レター京丹後市観光公社京丹後産上級煎茶のティーパックを絵葉書として使用できるパッケージに入れた商品。  京丹後市内の人気スポット、風景を写真ではなくカラフルなイラストで紹介し、オリジナリティ溢れるパッケージになっている。切手を貼れば旅先からメッセージとして郵送できるなど、これまでになかった新しい販売法の可能性と使いやすいおみやげとしてのアイデアを評価する。
京都ケーク・サレビオ・ラビッツ株式会社サレはフランス語で「塩」を意味し、有機JASの認定を受けた農場で栽培する有機野菜を使用。また小麦粉を使わず丹後産の米粉を使い焼き上げている。  季節に合わせ使用する野菜毎に、下処理を施し焼き上げるなどきめ細かな調理で野菜の甘味が引き立ち、おやつとして楽しめ、おかずにもなる商品。完成度が高く、6次産業化を牽引していく商品として評価する。

令和4年度Tango Good Goods認定審査講評について

令和4年度の審査会について各審査員より講評をいただいていますのでご確認下さい。

○小畑審査員
(主な審査担当部門 マーケティング)

 

専門は商品開発や販路開拓で、日々事業者と組んで商品開発や販路開拓について考えています。今回の審査会で特に感じたのは商品名の部分で、「商品の特徴を表す名前にされた方がより分かりやすい商品」になるのでは、と思うケースが多かったです。商品開発の部分で日々感じていることは、「商品の名前」という言葉がありますが「商品」の部分を「価値」に置き換えて考えるようにしています。このように考えたときに「商品の名前」が「価値の名前」になります。つまり商品の価値を商品の名前にするのが、消費者にとって特徴が分かりやすい商品になります。地元の密着商品や昔ながらの商品でそのまま地元に愛されていく商品として育てるという事も大事ですし、地域外や海外へ販路を求めた場合は、より「価値」という所を商品の名前にすることが販路開拓の近道になる場合が多いです。 また、価格にしても「商品の価格」と考えるより「価値の価格」と考えると価格を考える参考になると思います。

周りに併せた商品価格ではなく自分の価格が付けられるようになるかと思います。 パッケージにしてもデザイナーに頼む際に、大きなイメージを伝えただけではデザイナーも消費者に伝わるパッケージをイメージしにくくいいパッケージはできにくいが、デザイナーに「この商品の価値はこうだからその価値が誰にでも伝わるパッケージの作成」を依頼すると、商品価値が伝わるパッケージが仕上がってくる可能性は高くなると思います。 ターゲットを考えるのも量を考えるのもすべて、商品を価値に置き換えて、一つ一つ考えていただくと最短ルートで答えまでたどり着けると考えていますので、活用してみてください。

もう1点、販路開拓の部分で、海外に輸出をするということに非常にハードルが高いと考えられている方が多いですが、現在は以前から海外輸出を実際に行ってきた人の力を借りることでハードルが低くなってきています。例えば、お茶屋さんで10年前から海外輸出を始めて、今では随分と取引が増えてきた事業者がおられます。その事業者は10年間、事務処理から始まって販路開拓、取引方法等を実際に行ってきたというノウハウがあり、このノウハウを活かして様々な他社商品の販売代行をされています。このような販売代行してくれる事業者が増えてきていますので、テスト販売ということで海外挑戦していくことは容易な時代になってきていますので、まずは挑戦してみることをご検討ください。

○的早審査員
(主な審査担当部門 ラベル表示・コンプライアンス)

 
  

2020年4月1日から食品表示法が施行され、2022年4月からは使用原材料の中で一番重量の多い原材料の原料原産地を必ず記載することとなっています。食品表示については主にこの2点を重要視して拝見しましたが、応募された事業者の多くは「よく勉強されていてしっかりできているな」というのが素直な感想です。ただ、食品表示は食品表示法と完全に合致していないと取引先、行政機関はそれを見つけて食品表示の修正を求めてきます。少しの間違いだから許すということはありません。特にアレルギー表示はすぐに製品回収になりますので注意してください。 このような所に注意して見させていただくと、残念ながら「原材料原産地の表示がない」「食品添加物の書き方の間違い」「アレルギー表示の書き方の間違い」がありました。対象商品にはアミティ丹後を通じて修正依頼を出していますので対応をお願いします。

食品表示法は常に変化がありますので一つお知らせですが、大豆「遺伝子組み換えではない」と表示している商品を行政は定期的に購入し、検査をしています。その検査で「遺伝子組み換え」が検出されても5%以下であれば許されてきましたが、今年度中には新しい法律が施行され予定では、来年度からは例え1パーセントでも入っていれば製品回収に繋がりますのでご注意ください。 食品表示は以前に比べて非常に勉強されているのが伝わってきていますので今後も努力を怠らないように努めてください。

ここまでが認定審査会の状況です。

Tango Good Goods認定事業とは?

丹後には、丹後ちりめんをはじめとする絹織物や海・山の自然に育まれた食べもの、伝統の技がつくり出す醸造品、丹後に伝わる伝説と融合した工芸品など、独自の文化・歴史・伝説・自然を背景に、 優れた地場産品の数々を生み出しています。

   

この優れた地場産品を 「Tango Good Goods (丹後ブランド商品)」 として Tango Good Goods認定推進委員会が審査・認定し、丹後地域内の観光関連業者・販売者(小売者)・卸業者を対象としたカタログを作成、配布するとともに、ホームページによる情報発信及び見本市を開催し、商談の機会を設けることなどによって、丹後ブランド商品販売促進事業と丹後地場産品のイメージアップを図り、地場産業の活性化の一助とすることを目的とした事業です。

令和4年度 Tango Good Goods認定品募集について

丹後地域(2市2町)には、年間約600万人といわれる観光入り込み客があります。丹後ブランド商品販売促進事業は、丹後地域の優秀な地場産品を、Tango Good Goods(丹後ブランド商品)として認定することにより丹後の地場産品をアピールし、流通を積極的に推進し、生産者をバックアップしようとするもので、平成11年度の事業開始以来、現在87業者、218点を認定しています

インフォメーション

項目内容
◆ 募集期間5月24日(火)~7月15日㈮
◆ 応募資格応募対象者は、丹後2市2町内に本拠を置く製造業者(企業、組合、団体、個人、任意グループ等)。ただし、応募対象商品の販売者は、推薦人(製造業者の承諾が必要)として応募することができます。
◆ 対象商品丹後地域内(宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町)で製造もしくは企画された商品で、「地域特産品部門」「一般流通部門」の2つにわけて募集します。
① 地域特産品部門
丹後独自の伝統等が伺えるなど「丹後らしさ」・「海の京都らしさ」の表現に優れ、観光入込客等に推奨できる商品。
② 一般流通商品部門
地域特産品部門に該当しない商品。Made in Tango として一般流通可能な商品で丹後地域のものづくりを牽引する商品。※美術品のような一品ものではなく、反復生産が可能なものとします。
◆ 応募方法当センター備え付け及びページ下部の「応募様式」からダウンロードした応募票に、必要事項を記入し、カタログ、資料等がある場合は添えて、審査手数料と併せ、募集期間内に当センター(アミティ丹後)まで持参又は郵送により、提出してください。搬入日に搬入困難なものにつきましては、商品の写真、仕様書、取扱説明書等を添えてください。食品類については、製造許可証の写し・製造食品仕様書を添付してください。
◆ 認定商品の販売促進●Tango Good Goods見本市の開催
●Tango Good Goods 認定品カタログの作成・配布
●大消費地での丹後物産展の開催
●商談会への出展
●各種催事及びイベント出展情報の提供
●Tango Good Goods 紹介ホームページへの掲載
●京都丹後ブランド産品会入会資格の取得
●ふるさと納税返礼品登録(京丹後市)
 上記以外にも出品の実施をすることがあります。
◆ 食品製造事業者へお知らせTango Good Goods認定商品においては、栄養成分表示の省略が認められている事業者でも丹後ブランド産品の品質向上のため栄養成分表示は必須項目とさせていただいております。

応募様式

TGG応募については下記の様式をご記入の上申込ください。食品類は応募票、原材料調査票、製造食品仕様書の提出が必要です。

                                  
項目ファイル
■募集要領
■応募票(地域特産品部門用)
■応募票(一般流通部門用)
■原材料調査票(飲食品事業者のみ)
■製造食品仕様書(飲食品事業者のみ)(様式10-1と10-2両方記載下さい)
■募集チラシ

2021Tango Good Goods認定状況等について

今年度の募集チラシ及び昨年度開催時の審査講評等掲載していますのでご確認ください。

 

令和4年度Tango Good Goods募集チラシ

 

2021年Tango Good Goods認定事業の概要

Tango Good Goods認定カタログ

値段は認定された時点での金額ですので、変動する場合があります。詳しくはお問い合わせてください。

 

2021年認定カタログ

 

2020年認定カタログ

 

2019年認定カタログ